墨丸と書道

墨丸の役割

 魂の入った芸術作品には、作者の息遣いや心、宇宙や大自然ともつながるような永遠不滅の普遍的な真理があります。そして、そのような作品には、置かれた空間や魂を癒したり、成長させたりするような力があります。

    

私たち人間の魂は、どこかで上質なものや癒し、自らの魂の成長を求めています。そういった作品に触れる機会が、今の日本人に必要ではないかと、私は感じています。

そこで墨丸では、以下を中心に活動していこうと考えています。

 

①書家の方と一緒に、書の約束、書の本質を広く発信する場を作ること。

②墨丸での研修を通し、伝統の継承の場を作ること。

③本物を必要とし、作品を次世代へ残して下さる方、展示する場を提供してくださる方との仲介を通して、経済的基盤を作ること。

 

書を継承していく環境の必要性

さらに、芸術家や書家の方々には、崇高な役割があります。

私は、書道一家に生まれ、育ちました。そこで感じたことは、書という伝統的文化を継承していくこと。また、さらに磨いていくことです。

   

書に、芸術的な命を吹き込むとなると、人智だけでは足りません。書家は「器」です。まず、天から降りてくるものを受け入れる「器」に、書家がなる必要があります。その状態となった書家が、受け取ったものを「書」という目に見える形にします。これは、物質というよりも、神の世界に近い、半物質のようなものに感じられるかもしれません。

人間の英知ともいうべき文字(伝統的文化としての書)が介在すると、単なる書ではなく、昇華され、悠久の命が吹き込まれます。

 

通常、私たちには見ることのできない「神」や「風」の姿が見えるようになります。また、実際に肉眼で観察している「木」よりも、より「木」の本質、本当の姿を見せてくれます。すなわち、そのものの形を与えてくれるのです。

 

「器」の状態となった書家による、ものを見る力や受け取る力を媒介すれば、普遍的心理に触れることも可能となるでしょう。さしずめ、書家は目に見えないものを含めた、宇宙と人間との仲介者と言ったところでしょうか。

 

 書家としての「器」を作ることも、受け取ったものを体現する技術を身につけることも、一朝一夕でできるようにはなりません。そのような作品を本気で書けるようになるには、朝から晩まで、書について考え続けることになると思います。

しかし、それを望む書家がいて、突き抜けようとしている人がいるのであれば、その環境を準備する必要が絶対にあると、私は思うのです。

 

墨丸では、その環境作りをしてゆけたらと考えております。

 

342DD98E-890C-4AB1-8259-321FDEA93A2F.jpeg